アストラゼネカCOVID-19ワクチンは血栓を引き起こしますか?

血餅に関する懸念により、一部の国ではアストラゼネカCOVID-19ワクチンの使用が一時停止されています。

経由の画像 ゲッティイメージズ経由のSAIAUNG MAIN / AFP

請求

アストラゼネカCOVID-19ワクチンは血栓を引き起こしますか?

原点

この問題はまだ検討中であるため、この主張には従来の真実の評価を適用しませんでした。 2021年3月19日の時点で、多くのヨーロッパ諸国がCOVID-19に対するアストラゼネカワクチンのワクチン接種を再開しています。元の話は以下に続きます。

2021年3月、多くのヨーロッパ諸国は、 アストラゼネカCOVID-19ワクチン 血栓を発症している患者の報告後の予防措置として。しかし、12か国以上がこのワクチンの投与を一時的に停止しているのは事実ですが(このワクチンはそうではありません) 現在使用中 米国では)、会社、保健当局、世界保健機関、および政府の規制機関はすべて、ワクチンとこれらの血栓との間に因果関係はないと述べています。



3月3日、オーストリア 発表 人が血栓を発症し、ワクチン接種を受けてから10日後に死亡した後、アストラゼネカからのCOVID-19ワクチンのバッチの使用を一時停止していたこと。これは、保健当局に問題を検討させるための予防措置でした。彼らの中で 発表 、欧州医薬品庁は、「現在、ワクチン接種がこれらの状態を引き起こしたという兆候はない」と述べました。



オーストリアの国家管轄当局は、人が多発性血栓症(血管内の血栓の形成)と診断され、ワクチン接種の10日後に死亡した後、COVID-19ワクチンアストラゼネカのバッチ(バッチ番号ABV5300)の使用を停止しました。ワクチン接種後、肺塞栓症(肺の動脈の閉塞)で入院した。後者は現在回復中です。 2021年3月9日の時点で、このバッチについて、血栓塞栓性イベントの症例に関する他の2つの報告が寄せられていました。

現在、ワクチン接種がこれらの状態を引き起こしたという兆候はありませんが、このワクチンの副作用としてリストされていません。



翌日、他の12か国以上が、アストラゼネカCOVID-19ワクチンの投与を一時的に停止することを発表し、ワクチンが血栓を引き起こしたという報告を調査する時間を当局に与えました。しかし、再び、保健当局は、ワクチンがこれらの血栓を引き起こしたという証拠はなかったと述べました。たとえば、デンマークの保健当局は、 前記 「現時点では、ワクチンと血栓の間に関連があるかどうかを結論付けることはできません。」

についての懸念 アストラゼネカのCOVID-19ワクチン 血栓を引き起こすことは、2020年12月にファイザーCOVID-19ワクチンの展開を妨げた別の心配の発作を彷彿とさせます。当時、ファイザーワクチンを受けた少数の人々が ベル麻痺を発症 。しかし、食品医薬品局の当局者は、「ワクチングループで報告されたベル麻痺の観察された頻度は、一般集団で予想されるバックグラウンド率と一致している」ことを発見したため、これらの懸念は大部分が誇張されました。言い換えれば、ワクチンはベル麻痺の症例の増加に寄与しませんでした。

何千人もの人々が、さまざまな理由で毎年血栓を発症します。誰かがワクチンを接種してから数日後に血栓を発症する可能性がありますが、それはワクチンが血栓を引き起こしたことを自動的に意味するわけではありません。



欧州医薬品庁は、 ステートメント 3月15日:

血小板の数が少ないなどの異常な特徴を伴う血栓を伴うイベントは、ワクチンを接種したごく少数の人々で発生しました。 EUでは、さまざまな理由で毎年何千人もの人々が血栓を発症しています。予防接種を受けた人々の全体的な血栓塞栓性イベントの数は、一般の人々に見られるものよりも多くはないようです。

アストラゼネカは ステートメント 1,700万人以上がワクチンを接種しており、血栓に関連する報告は37件(深部静脈血栓症が15件、肺塞栓症が22件)しかなく、予想される血栓の症例数を下回っています。一般の人々に自然に発生します。同社は、データを注意深く検討した結果、血栓の「リスク増加の証拠はない」ことが示されたと述べた。

アストラゼネカ 書きました

欧州連合(EU)と英国でCOVID-19ワクチンアストラゼネカを接種された1700万人以上の利用可能なすべての安全性データを注意深く検討したところ、肺塞栓症、深部静脈血栓症(DVT)、または血小板減少症のリスクが高いという証拠は示されていません。 、定義された年齢層、性別、バッチ、または特定の国。

これまでのところ、EUと英国全体で、3月8日の時点で当社が受けた症例数に基づいて、ワクチンを投与された患者の中で15件のDVTと22件の肺塞栓症が報告されています。これは、このサイズの一般的な集団で自然に発生すると予想されるよりもはるかに低く、他の認可されたCOVID-19ワクチン全体で同様です。

[…]

チーフメディカルオフィサーのアンテイラーは次のように述べています。「EUと英国で約1700万人がワクチンを接種しており、このグループで報告された血栓の症例数は、一般人口。パンデミックの性質により、個々の症例で注目が高まっており、公安を確保するために、ワクチンイベントの報告において認可された医薬品の安全性監視の標準的な慣行を超えています。」

2021年3月19日、欧州医薬品庁による調査でワクチンが「安全で効果的」であることが判明した後、12を超えるヨーロッパ諸国がアストラゼネカCOVID-19ワクチンのワクチン接種を再開すると発表しました。 EMAは、医師と患者に血栓の非常にまれな可能性を警告するためにワクチンに警告ラベルを追加すると述べましたが、当局は「ワクチンの利点は明らかにリスクを上回っています」と述べました。

サイエンスマガジン 報告

欧州医薬品庁(EMA)が、起こりうる副作用の最初の調査でワクチンが「安全で効果的」であると結論付けた後、本日、ヨーロッパの12か国がCOVID-19に対するアストラゼネカワクチンのワクチン接種を再開すると発表しました。彼らの決定は、ヨーロッパの多くで症例が増加しているときにCOVID-19ワクチン接種プログラムが大幅に遅れることを心配していた多くの公衆衛生専門家の救済としてもたらされました。

今日の午後の記者会見で、EMA当局者は、彼らの調査はワクチンと特定の異常な凝固および出血障害との関係を除外することはできないと述べたが、ワクチンの利点は明らかにリスクを上回ると結論付けた。当局はワクチン製品情報に警告を追加して、非常にまれであると思われる潜在的な副作用について患者と医師に警告します。

血栓を発症した人々からの報告を調査するために、いくつかの国がこのワクチンの使用を一時的に停止したことは事実ですが、EMAがアストラゼネカワクチンが「安全で効果的」であると結論付けた後、それらの国の多くはワクチン接種を再開しました。